特定非営利活動法人 環境エネルギーネットワーク21

ENET21は環境とエネルギー分野のプロ集団として、
地球環境・エネルギー問題の解決に向けて活動を行います。

お知らせInformation

2021.9.13

ENET21ニュース配信 No.21-4

インバーターエアコン IEEE マイルストーンの受賞

環境エネルギーネットワーク21 主任研究員 岸本哲郎

東芝が 1981 年に世界で初めて製品化したインバーターエアコンが IEEE Milestone(アイ・ トリプル・イー・マイルストーン)として認定され、本年 3 月に表彰されました。 日本からの受賞は今回の東芝のインバーターエアコンを含めて 39 件に上っていますが、 冷凍空調業界としては初めての受賞になります。

詳細はこちら

2021.6.13

ENET21ニュース配信 No.21-3

暑くなっている東京

環境エネルギーネットワーク21 主任研究員 岸本哲郎

今年の冬は日本海側では近年にない豪雪に見舞われた一方、3 月には季節外れの高温の日 が続き、5 月には西日本では梅雨の時期としては記録的な豪雨にも見舞われました。 気象庁 の予測では今夏は気温が高めで猛暑が多くなるとのことです。 これも地球規模での気候変 動の影響と思われます。我々も普段の生活の中でだんだん暑くなっていることは肌で感じ ていると思います。

詳細はこちら

2021.4.27

ENET21ニュース配信 No.21-2

米国、HFC の段階的削減法を制定

環境エネルギーネットワーク21 主任研究員 石橋 直彦

2020 年 1 月 7 日に American Innovation and Manufacturing Leadership Act (AIM 法)が米国連邦 議会下院のエネルギー商業委員会に提出され、米国政府は、モントリオール議定書キガリ改正に沿った 今後 15 年間にわたるハイドロ フルオロ カーボン(HFC)の段階的削減を承認する法案を成立させました。 これにより、米国環境保護局 Environmental Protection Agency (EPA)は、キガリ改正に沿って HFC の生 産と消費を 2036 年までに 85%削減する割当量プログラムの規定を委任されることになります。

詳細はこちら

2021.3.15

ENET21ニュース配信 No.21-1

物質の三態と凝華

環境エネルギーネットワーク21 主任研究員 石橋 直彦 岸本 哲郎

物質は温度や圧力により、固体・液体・気体の三つの状態になることが知られています。これを物質の三態(さんたい、three states)といいます。

詳細はこちら

2021.3.7

ENET21ニュース配信 No.20-8

国連環境計画(UNEP)2020年温室効果ガス排出ギャップ報告書

環境エネルギーネットワーク21 主任研究員 石橋 直彦

国連環境計画(UNEP)は、温室効果ガスの排出量とパリ協定目標を達成するための排出量との 差である「排出ギャップ」の 2020 年報告書(Emission Gap Report 2020)を 12 月 9 日に公表しま した。 本稿では、報告書の中の UNEP 事務局長 Inger Andersen 氏による序文及び Executive Summary(事業計画概要)の第 1 項「2019 年も増加傾向の温室効果ガス排出量」をご紹介いたし ます。

詳細はこちら

2020.12.17

ENET21ニュース配信 No.20-7

地球時計の話

環境エネルギーネットワーク21 主任研究員 岸本 哲郎

菅総理は臨時国会の所信表明演説で2050年までに温室効果ガスの排出量を実質ゼロにすると表明しました。 近年環境経営の重要性が叫ばれるようになってきましたし、SDGsと呼ばれるような 持続可能な開発目標の活動も活発になっています。 気の遠くなるような時間をかけてできた豊かな環境の地球で、人類が今後も存在し続けるためには地球環境の保全をどうするのか重い課題になっています。

詳細はこちら

2020.12.04

ENET21ニュース配信 No.20-6

都市鉱山、日本は資源大国?

環境エネルギーネットワーク21 主任研究員 石橋 直彦

天然資源の乏しい日本では石油、石炭、天然ガスなどのエネルギー資源や鉄、銅、鉛、亜鉛、 アルミニウムといった金属資源のほとんどを海外から輸入しています。 レアメタルのうち 17 の希土類元素をレアアースと呼びます。10 年ほど前に起きたレアアー スを中心とした価格高騰と供給不安の高まりを契機に「都市鉱山」と呼ばれる自国内に蓄積さ れた資源に目が向けられるようになりました。

詳細はこちら

2020.12.04

ENET21ニュース配信 No.20-5

HFC 冷媒の輸出入統計品目表

環境エネルギーネットワーク21 主任研究員 石橋 直彦

オゾン層破壊物質に関するモントリオール議定書の締約国は、2016 年 10 月にルワンダのキガリで開催 された第 28 回締約国会議で、ハイドロフルオロカーボン(HFC)の段階的廃止に合意しました。 この改 正条項の重要な要件の 1 つは、2019 年 1 月 1 日(又は必要に応じてその 2 年後)までに、HFC 冷媒の輸 出入許可制をキガリ改正締約国である各国が実施する必要があることです。

詳細はこちら

2020.11.07

ENET21ニュース配信 No.20-4

新型コロナウイルスの謎と日本の奇跡

環境エネルギーネットワーク21 主任研究員 岸本哲郎

中国から世界に拡散した新型コロナウイルスは700万人以上が感染し、約40万人が死亡しています。特に米国では200万人近くが感染し、死者は10万人に達しています。 この中で一つの論文が発表されました。今のところ一つの説であり医学的に検証されたものではありませんが、謎を解く鍵となるかも知れませんし、内容は興味深いものなので紹介したいと思います。

詳細はこちら

2020.11.07

ENET21ニュース配信 No.20-3

ASHRAEが感染症エアロゾルに関する最新の意見書を発表

環境エネルギーネットワーク21 主任研究員 石橋 直彦

ASHRAE(アメリカ暖房冷凍空調学会)は、新型コロナウイルスCOVID-19感染拡大の抑制に冷凍空調技術が寄与するための提言を記した「意見書」を発表した。同学会の機関誌であるASHRAE JOURNALに紹介された関連記事の翻訳文を以下に記すとともに、意見書へのアクセス方法を紹介する。

詳細はこちら

連絡先 Contact

特定非営利活動法人 環境エネルギーネットワーク21

address : 〒107-0061 東京都港区北青山1-2-18 大富外苑コープ402号
e-mail : enet21@enet21.com
TEL : 非公開(TELはメールにてお問い合わせください)