--> 特定非営利活動法人 環境エネルギーネットワーク21

ENET21ニュース配信NewsLetter

2017.11.30ENET21ニュース配信No.17-7

平成28年度のフロン類の再生量および破壊量
                          主任研究員 西場 徳二
全文PDF

2017.10.30ENET21ニュース配信No.17-6

国際イニシアティブ
                          主任研究員 岸本 哲郎
全文PDF

2017.09.08ENET21ニュース配信No.17-5

IPCC第5次報告書 第1作業部会の概要
                          主任研究員 西場 徳二
全文PDF

2017.06.23ENET21ニュース配信No.17-4

エアコンディショナにおける冷媒ドロップインの動向
                          主任研究員 大野 慶祐,石橋 直彦
全文PDF

2017.06.03ENET21ニュース配信No.17-3

次世代の低GWP冷媒R32について
                          主任研究員 泉谷 直昭,矢島 龍三郎
全文PDF

2017.02.27ENET21ニュース配信No.17-2

冷凍機安全規格の進展に関するワークショップ
                          主任研究員 西場 徳二
全文PDF

2017.01.23ENET21ニュース配信No.17-1

モントリオール議定書第28回締約国会議における議定書改正の採択
                          主任研究員 西場 徳二
全文PDF

2016.10.05ENET21ニュース配信No.16-4

自然冷媒への取り組み
                          主任研究員 岸本 哲郎
全文PDF

2016.06.23ENET21ニュース配信No.16-3

第一回アジアヒートポンプネットワークミーティングの開催(Asian Heat Pump Network Meeting)
                          主任研究員 西場 徳二
全文PDF

2016.04.30ENET21ニュース配信No.16-2

日本の自然エネルギー開発を考える
                          主任研究員 岸本 哲郎
全文PDF

2016.03.01ENET21ニュース配信No.16-1

(1)温室効果ガス排出削減に資する日本及びアセアンの省エネルギー施策並びにエアコン及び電気冷蔵庫の性能評価方法
                          主任研究員 石橋 直彦
全文PDF

2015.12.24ENET21ニュース配信No.15-7

(1)情報通信機器と消費エネルギーについて     理事・主任研究員 作井正人
全文PDF

2015.11.05ENET21ニュース配信No.15-6

(1)「フロン排出抑制法説明会」のお知らせ      ENET21事務局

全文PDF

2015.9.18ENET21ニュース配信No.15-5

(1)日本における過去の自然エネルギー、再生エネルギーの取組~サンシャイン計画   理事・主任研究員 八橋元
(2)生産性向上設備投資促進税制に関する情報 ENET21事務局

全文PDF

2015.8.27ENET21ニュース配信No.15-4

(1)次世代冷媒の開発状況          理事・主任研究員 岡田慎也

全文PDF

2015.7.17ENET21ニュース配信No.15-3(抜粋)

(1)環境省公表「温暖化効果ガス排出量」
(2)家庭用ヒートポンプ給湯機購入動機・使用満足度調査

全文PDF

2015.6.26ENET21ニュース配信No.15-2(抜粋)

現在、地球温暖化の進行が世界的に問題となっているが、温暖化の主たる原因は人間の経済活動等による炭酸ガス(CO2)の大気放出と言われている。 冷凍空調機器に冷媒として使用されているフロン類も、大気に放出されると温暖化の影響を及ぼすことが近年問題になって来た。 これらの影響を抑制する為に2015 年(平成27年)4 月1 日に「フロン排出抑制法」が施行された。 その歴史的な背景として環境への影響と国際的な取り決め、それによる冷媒の変遷などを冒頭に説明する。
全文PDF

2015.4.23ENET21ニュース配信No.15-1(抜粋)

環境とエネルギーの問題は人類の存続と持続的な発展の為には極めて重要な課題です。 人類が将来にわたって豊かな生活を獲得する為の経済の成長を実現していくにはエネルギーの安定供給は不可欠ですが、主要なエネルギー源である石油等の化石燃料の埋蔵量は無限ではありません。また、それらの化石燃料を使用すると大量のCO2が排出され、温暖化の進行と言う地球環境破壊のリスクが発生します。 人類のエネルギー消費は人類誕生から数千年の間はそれほど大きくありませんでしたが、18世紀の産業革命以降飛躍的に消費が伸びています。
全文PDF